2022年11月28日 (月)

【セミナー受講】Sports Safety Japanシンポジウム

皆さま

こんにちは

今回は齋藤が担当いたします。

私が働く福岡県では日中20度を超える日が多く、もうすぐ年末を迎えるとは思えない不思議な感覚で毎日元気に過ごしております。

先日開催されたサッカーW杯、ドイツ戦観戦された方も多かったのではないでしょうか?

私のテレビで観戦し、高揚しながら応援していました。

スポーツの試合を観戦していると、選手がけがをして倒れる→ドクターやトレーナーが駆け付け、状態の確認を行う→搬送される。といったシーンを見ることがあるかと思います。

アスレティックトレーナーという職業の役割の一つとして、「スポーツ現場における救急処置」というものがあります。

スポーツ現場でのサポートをする上で、選手がけがをしたときに評価をして対応できる準備をして練習や試合に臨みます。

 

救急処置の知識を深めるべく、今回、第9回Sports Safety Japanシンポジウムに参加させていただきました。

http://www.sports-safety.com/


今回のテーマが「スポーツ現場での死亡・重大事故の3大原因 」ということで、脳震盪について、熱中症予防。心臓突然死とAEDについてなど、初期対応が非常に重要になるテーマを学ぶことが出来ました。

頻繁に起こるものではありませんが、予防をしていても起きてしまうことがあるもので、いかに準備をしておくかが大事であることを再認識しました。

写真は熱中症対策の一つとして、測定していた気温計の写真です。

20221127031156 気温と湿度、WBGTが測定できます。

7月のとある日の気温です。とても暑かった夏を思い出しました。

選手が毎日、思いっきりプレーできる環境づくりを心掛けていきたいと思います。

 

齋藤久美

 

 

|

2022年11月21日 (月)

皆さんは深くしゃがめますか?【Part2】

皆さんこんにちは!
本日のブログを担当する鈴木辰哉です。

今回のテーマは深くしゃがめますか?シリーズのPart2ということで、前回のブログ記事(http://reniart.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-faf134.html)の続編となります。

深くしゃがめない原因は足首の硬さだけではなく、実は背骨(脊柱)や骨盤の可動性低下も関係していることを前回お伝えしましたが、今回は本当に足首が硬くて深くしゃがめない方のための内容となっております。

足首が硬くなる原因は様々ですが「長母趾屈筋」の短縮や滑走性が低下することでもおこってきます。
1_20221116125301

長母趾屈筋はふくらはぎの深部から始まり、足首の後方、足底を通り親指に付着しています。この筋の短縮や滑走性が低下することで、足首の正常な関節運動を妨げる原因となるので、ストレッチを行い足首の硬さを改善させていきましょう!

Img_7475
【ストレッチ方法】
①上の写真のような姿勢をとり、膝をつま先より前に出します。
 ※この時、踵が浮かないよう注意しましょう
②足の親指を持って上に反らし、20秒程度ストレッチを行いましょう

いかがだったでしょうか?
足首の硬さはアキレス腱障害や足底筋膜炎といった怪我の要因にもなります。
是非日々のセルフケアの1つとして取り入れてみてください!

鈴木辰哉

 

 

 

|

2022年11月14日 (月)

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 開幕に向けて

こんにちは。
今回のブログを担当します、櫛田です。

11月も中旬を迎え、
寒さも増していますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、12月17日(土)に
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2022-2023シーズンが開幕いたします。

私のサポートするクボタスピアーズ船橋・東京ベイは、
12月18日(日)に東京サントリーサンゴリアスとの初戦を迎えます。

サンゴリアスもリニアートのサポートチームなので、
初戦からリニアートダービーとなります。熱いです!

そして、2023年9月にはラグビーワールドカップも控えています。

ラグビーでは脳振盪を受傷した場合、
段階的競技復帰プロトコル(GRTP)が設けられており、
選手をより安全に競技復帰させる為の仕組みがあります。

そのGRTPも今年に入って一部改訂され、新しくなりました。
また、今年10月には第6回 国際スポーツ脳振盪会議が開催されており、
今後脳振盪に関する新たな情報が発信されるかもしれません。

ラグビーはコンタクトを伴う危険度の高いスポーツかもしれませんが、
選手の安全を守るための取り組みやルールは常にアップデートされています。

私たちアスレティックトレーナーも選手の安全を守る役割を担っています。
その他にも様々なスタッフが選手を支え、チームとして戦っています。

会場ではそういった一面も垣間見る事が出来ますので、
是非会場に足を運んでいただき、応援をよろしくお願いいたします!

Img_1461



櫛田慎一


|

2022年11月 7日 (月)

【書籍紹介】呼吸について

皆さまこんにちは。
本日ブログを担当する原田です。

突然ですが、皆様はちゃんと呼吸をできていますか?
答えはもちろん「はい」だと思います。
ただその呼吸の質はどうでしょう?
今回は、呼吸について書かれた書籍のご紹介をさせてもらいます!

呼吸が浅くなると、体がこわばってくるのはイメージがつくと思います。
この状態を1日中続けていると…
常に頭や身体はスイッチオンの状態で、休もうとしても休まらなそうですよね。
要は、交感神経が常に働いている状態です。

これではなかなか休息をとってもリカバリーはできないものです。
スマホや満員電車、ハードなトレーニングなど、1日で沢山のストレスにさらされると思います。
それは悪い事ではないのですが、その後には一旦スイッチオフにする時間があると効率よく身体を休める事ができると思います。

少し専門的な内容もありますが、絵も使って解説されておりますので、読みやすいと思います。
2022年も終盤を迎え、街も慌ただしくなってきますが、皆さまよい休息をとってみてください!

S__30728232

原田聖也


|

2022年10月31日 (月)

駅伝シーズン到来!

皆様こんにちは。
寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

今回はのブログは駅伝を愛しトレーナーを目指したと言っても過言でない上郡が担当いたします。

陸上界ではトラックシーズンが終盤を迎え
駅伝シーズンが到来しました。

高校駅伝は北海道大会から開幕し、
いよいよ私がサポートする春日部東高校が出場する埼玉県大会と
國學院久我山高校が出場する東京都大会があと数日に迫りました。

選手達の雰囲気もピリッとなり練習を続けています。

Img_3173
練習をする春日部東高校の生徒

両校の応援、どうぞよろしくお願いいたします。


駅伝はご存知の方も多いかと思いますが日本独特の競技ですね。
競技としての日本最初の駅伝は
「東京奠都(てんと)五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」が、京都三条大橋と東京・上野不忍池間で行われたようです。

それは、読売新聞社が上野で開く大博覧会の協賛イベントとして企画したもので、
京都―東京516キロを23区間に分け、三日間、昼夜兼行で走り継ぐ壮大なたすきリレーだったようです。


東西対抗で行われたレースは大成功を収め、これは現在お正月開催の、世間から大きな注目を集める箱根駅伝の”原型”となったようです。
(東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイト参照)


昨日は仙台で全日本大学女子駅伝があり
11/6(日)には男子の全日本大学駅伝が愛知県と三重県で開催されます。

また社会人の大会、クイーンズ駅伝や毎年元旦に開催されるニューイヤー駅伝の各地区の予選会も11月には控えています。


テレビ中継も多く、アナウンサーの方々の熱い実況もまた見ものですので、是非ご覧になってみてください!


上郡美紀

|

2022年10月24日 (月)

Wリーグ開幕

こんにちは。
今回ブログを担当します武井です。

10月に入り、秋を感じる季節となってきました。
この時期になると、スポーツではリーグが開幕する競技が多くあります。


私が今シーズンより所属する、ENEOSサンフラワーズも開幕戦を迎えました。
初戦は、リーグ2連覇中のトヨタ自動車との対戦でした。
Wリーグでは、全チームと2回総あたり戦で行い、上位チームが次のステージへと進みます。

初戦で優勝候補同士の対戦となり、平日のナイターゲームにも関わらず多くのお客さんが入っていました。
第1戦はミスもあり、点差を広げられ敗戦しました。
第2戦は、最後まで分からない白熱した試合となりました。
序盤はトヨタに差をつけられましたが、徐々に点差を詰め逆転勝利しました。
これで成績は1勝1敗でのスタートです。

Img_0227


優勝へ向けて負けられない戦いが続きますが、最後に笑顔で終われるようサポートしていきたしと思います!
ぜひ、Wリーグを見に来てください!


武井智穂

|

2022年10月17日 (月)

口呼吸の弊害

こんにちは!

今回ブログを担当する鈴木皓太です。

 

今もなおコロナの脅威は変わらずに続いていますが、

屋外で距離が確保できていたり、会話をしない場合はマスクの着用は必要ないと厚生労働省が発表しています。

 

ぜひ厚生労働省のHPを一度ご覧になってみてください。

≫https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00001.html

 

ただこの2,3年ずっとマスク生活を送っていたため、マスクを外すことに抵抗がある方も多いかと思います。

私自身もその一人です。。

 

皆さんも薄々感じているかと思いますが、マスクをしていると気道の抵抗が増え、口呼吸になりやすいと言われています。

 

実はこの口呼吸はデメリットだらけで、

歯並びが乱れる
・歯や歯茎の病気になりやすい
・口臭の原因となる
・いびきや睡眠障害の原因になる

なんてことが言われています。

 

私達の口腔内に存在する唾液はとても優秀で、口の中を洗浄してくれたり細菌と闘い、歯周病などから歯を守ってくれています。

 

しかし、口呼吸をしている人は口の中が乾燥し、細菌が繁殖し放題となっており、歯周病などの歯や歯茎の病気になりやすいと報告されています。

さらに唾液による口の中の洗浄も行われないので口臭や歯の黄ばみの原因にもなると言われています。

 

 

ただ実は口呼吸の問題は口の中だけの問題にとどまりません。

数年前の研究で、日常的に口呼吸をしている人はインフルエンザの罹患率が2倍以上になると報告されています。

 

せっかくマスクをしていても、口呼吸になってしまうとそのような感染症のリスクが高くなってしまう可能性があるため、

ぜひマスクをしている時は口呼吸になっていないかチェックしてみてください!!

 

S__190504962 

鈴木皓太

 

|

2022年10月10日 (月)

いちご一会とちぎ国体帯同報告

皆さん、こんにちは!

今回は大江が担当いたします。


私は本日まで栃木県の宇都宮市で行われていた、「いちご一会とちぎ国体」に埼玉県・陸上競技選手団として参加してきました!


80080438ea164804a18b31fe567012d2


B9762a3b2e65404d846bc2c30e4675ca


会場に入った10/4は真夏に戻ったような暑い1日でしたが、次の日からは一変、秋を通り越して冬のような寒さが続きました。

もう、本当に本当に寒くて…陸上競技は外にテントを立て、その中でトレーナー活動をしていたので寒さがもろに身に染みました…。


そんな中でも選手は寒さを吹き飛ばすようなパフォーマンスを見せてくれ、凍えていた私の体もぽっかぽかに!


結果、埼玉県選手団は総合11位でした。

惜しくも8位入賞はなりませんでしたが、自己記録を更新しての入賞など素晴らしい頑張りを見せてくれました!

国体は高校生から社会人まで、幅広い年代が一緒になって戦う雰囲気が他にはなく、個人的には好きなので埼玉県選手団の一員として参加できたことがとても嬉しかったです!

また、国内屈指のアスリートがそれぞれの県のユニフォームを着て競技をしているのも新鮮で好きです!


来年の国体は鹿児島県で行われる予定です。

ぜひ皆さんも「推し都道府県」の応援をしてみてくださいね!!


大江志保

|

2022年10月 3日 (月)

セルフストレッチをより効果的に!

こんにちは、今回ブログを担当する中田です。

少し涼しくなったと思えば日中は30度に迫る暑さ…
ですが朝夜は20度付近の心地よい気候でようやく秋を感じる事が出来てきたかと思います。

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋など魅力的な季節の1つですね!
スポーツの秋という事もあり、涼しくなってきたこの季節から少しずつ運動を始めようかな…と思っている方も多いのではないでしょうか?
運動はストレス解消や、健康増進など様々な良い効果が期待できます。しかしその反面、過度な運動負荷は身体の不調にも繋がりかねません。

そこでセルフストレッチをより効果的に行う事のできる、コンディショニンググッズを前回の羽根田トレーナーに引き続き紹介致します。
” Lockeroom Sports ストレッチバンド "という商品です。

1人でストレッチしている際に、もう少し伸ばしたい、ここは1人だと伸ばしづらいなと感じる事も多いのではないでしょうか。
その悩みを解決してくれるのが、この商品になります。
詳しい使い方は、弊社のFacebookにストレッチバンドの紹介動画がありますので、是非ご覧ください!

S__714006530

・Red(Sサイズ):170cm以下の方
・Blue(Mサイズ):170~190cmの方
・Green(Lサイズ):190cm以上の方
適正身長の記載はあくまで目安ではありますが、上記3種類を取り揃えています。

正しく使用できれば、ストレッチの効果を増大させる事ができる、痒い所に手が届く商品になっています。
弊社のネットショップからも購入可能な商品になりますので、気になる方は是非Checkをお願いします。

スポーツの秋に備えて、まずは運動をする為の土台となる身体を作れるよう日々過ごしていきましょう。


中田敬大

 

|

2022年9月26日 (月)

COMPRE Floss

日中と朝晩の気温差があり、段々と秋の近づきを感じる日々ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は羽根田が担当いたします。

近年ではセルフケアのグッズとしてフォームローラーやマッサージガンが広く知れ渡るようになり、
体のケアの考え方として、筋膜リリースやファシアリリースなども知れ渡ってきていますね。
今回は私が患者様を治療する時や、自身のセルフケアでも使用しているCOMPRE Flossをご紹介いたします!

20220923_234254201


COMPRE Flossはドイツの理学療法士の方と企業の共同開発によって生まれた、
天然のゴムバンドです。私たちの体は、多くののコラーゲン繊維で覆われています。
特に筋肉や腱を覆う筋周膜という組織は、立体構造のコラーゲン組織で覆われています。
長時間同じ姿勢でいたり、捻挫や肉離れなどの怪我の回復中などはコラーゲン組織が膜状になってしまい、
組織間の滑走が悪くなり、可動域の制限や違和感や痛みの症状が現れることが多くあります。
COMPRE Flossは組織間の滑走性が悪くなった部分に、圧迫した状態で動かすことで、
組織間の癒着を無くすことができ、可動域の改善や筋力の改善、疲労物資に伴う痛みの改善などの効果があります!

使用方法はとても簡単です!
気になる部分に軽く1周巻いてから、バンドの半分程を被せながら体の中心に向かって巻いていきます。
全て終わったら、バンドが巻いてある部分を手で捻ったり、筋肉が動くように大きく動かします。
2~3分以内に運動を終えてバンドを外し、筋肉を動かしたりし血流が戻れば終了です!

使用上の注意点としては、ラテックスアレルギーがある方はアレルギー反応を起こす
可能性がありますで、使用をお控えください。
また、COMPRE Flossを巻いている間は一時的に血流が滞る為、1回の連続時間は3分以内にして下さい。

水洗いしてもOKなので清潔な状態で長期間繰り返し使うことができます!

思い当たる理由はないけれど体が疲れている方や体が固まっている感じがある方は、
ぜひお試しください!!

羽根田

|

«2022 世界バレー開幕!