« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

ラグビー仕様

梅雨に入り、蒸し暑い毎日がつづいておりますが、いかがお過ごしですか。
今回は、江藤がブログを担当いたします。

私の最寄り駅の京王線飛田給駅が、珍しくラグビーモードになってましたので、ご紹介します。
いつもはサッカーのFC東京で一色ですが、先日のラグビーテストマッチ「リポビタンDチャレンジカップ2017 日本代表VSアイルランド代表」に合わせ、日本代表仕様となってました。

A
B
思わず嬉しくなり、写真を撮ってしまいました。
味の素スタジアムでは、ラグビーW杯2019の開幕戦を開催、2020年東京五輪ではラグビー7人制が開催予定と、これからのラグビーの盛り上がりがとても楽しみです。
地元民として、これからも盛り上げていきたいと思います。
皆さんも今後のラグビーブームに是非ご注目下さい。

江藤 友哉

| | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

南関東大会

こんにちは。
暑くなったり涼しくなったりしていますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は暑さに負けない!高柳が
高校陸上の南関東大会についてのブログをお送りいたします。


16日から今日まで千葉の天台にて、関東大会が行われました。
私がサポートさせていただいている東京高校は、南関東関東に属します。

南関東大会は毎年ハイレベルで、突破するのは至難の技と言われていますが、
時折雨に降られながらも選手は皆よく戦い、
男女総合優勝をすることができました。


東京高校のサポートは今年で3年目。
1年生だった選手が、3年生になり、3回目の関東大会を迎え、時の流れの早さをしみじみと感じました。
インターハイという大舞台へ向け、ひたむきに頑張る選手の背中は
とても頼もしくかっこよかったです。


私も今回の関東大会で色々なことを感じ、更に頑張らなくてはと気合が入りました。
またインターハイへ向け、しっかり準備をして参りたいと思います。

今年のインターハイは山形県。
みんなで一丸となり、総合優勝を狙います。
これからさらに暑くなりますが、もっと熱い戦いをしていきたいと思いますので、
どうか応援の程宜しくお願い致します!


高柳 亜実Image1


| | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

身体の重だるさの原因は?

こんにちは
今回は齋藤がブログを担当致します。

今年は夏のような暑さが続いたと思ったら、肌寒いがあったりと寒暖差の影響で体調崩していらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
梅雨の時期に突入し、
”ジメジメして重だるい”
”むくみが取れない”
なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
東洋医学では「湿邪」という言葉があります。
湿という気が体内に侵入し病気の原因となることを指す言葉です。

<湿邪を受けるとどんな影響があるのか>
食欲不振
・身体が重だるい
・むくみが出る
・頭痛、頭重、関節痛
・口内炎が出来る
など全身に症状が出るようです。
「湿」が体内に溜まることで症状は増していきます。
冷たい食べ物(刺身や生野菜など)や飲み物(冷えたジュースやお酒)などは「湿」を溜めやすく、冷房などの冷たい風も「湿」を溜める原因となります。

<湿邪を溜めないようにするには?>
体内に余分な水分を溜めないことが大切です。
ウォーキングやランニング、入浴などで汗をかくことで水分を発散できます。
食でも余分な水分を追い出すことが出来ます。

・きゅうり
・スイカ
などは利尿作用があり、余計な水分を追い出す効果があります。
サツマイモ
・かぼちゃ
・ニンジン
などは脾胃の働きを助け、弱った働きを元気づけてくれます。
トウガラシ
・生姜
などは発汗作用があるので汗をかくことで水分を追い出してくれます。
そんな中で、私のブームは”果実酢”です。
お酢にも利尿作用があり、余計な水分を追い出してくれます。
また、アミノ酸やクエン酸も含まれるため疲労回復や代謝を上げる効果もあります。
Photo
果実酢も種類がたくさんあり、飲みやすいので簡単に取り入れやすいかと思います。
写真は先日、私が母へプレゼントした果実酢の写真です。
ここまで水分の摂りすぎは良くないとお伝えしていましたが、水分を控えすぎると脱水や熱中症のリスクが高まりますので、過度な制限は良くありません。
摂取と発散のバランスが大切です。
「湿邪」をやっつける生活で、ジメジメした梅雨を乗り切りましょう!
齋藤久美

| | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

関東インカレ

梅雨入りのニュースが気になる季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回のブログは鈴木辰哉が担当させていただきます。

さて、陸上競技ではトラックシーズンに入り各地で試合が行われております。
先月の5/25〜28にも関東の大学陸上競技部の対抗戦である関東インカレが横浜日産スタジアムで開催されました。

S__5587006

今大会では合計20もの大会新記録が誕生し、白熱した4日間となりました。
また、リニアート駒込治療院に来院されている患者様も活躍されており、とても嬉しく思いました。

関東インカレといえば各大学の集団応援が印象的です。スタート前の静寂の後、号砲と同時にスタジアム全体が大声援に包まれます。
各大学の魂のこもった応援は、学生スポーツならではの爽やかさと情熱を感じます。
S__5587003

そして、今回4×100mRと4×400mRの決勝において各大学ごとに入場し選手の紹介がされていました。サムライポーズはありませんでしたが、各大学の色が出たパフォーマンスに大きな盛り上がりを見せていました。

トラックシーズンはまだまだ始まったばかりです。
日本の陸上競技を盛り上げることができるよう、私も選手と一緒に前へ進んでまいります。

鈴木辰哉

| | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »