« サントリーサンゴリアス初戦勝利!! | トップページ | 試合遠征 »

2017年8月28日 (月)

夏の病

こんにちは。
今回は原田がブログを担当させて頂きます。
8月も終わりですが、まだまだ暑い日が続いていますね。
1日中クーラーの効いた部屋にいませんか?
現代病としてメディアなどでもよく耳にする『クーラー病』を今回は東洋医学の観点から紹介させて頂きます。

東洋医学で6月頃〜11月頃の季節を
夏(6月〜7月頃)・長夏(7月〜9月頃)・秋(9月〜11月頃)と考えます。

夏:暑い
長夏:ジメジメ、蒸し暑い
秋:寒暖差が激しい
今の季節は、8月の下旬なので長夏になりますね。
昔は、このような季節のサイクルが普通でした。しかしクーラーの中で生活している方は、早い時期に寒暖差の激しい「秋」を作り出しています。

東洋医学では、秋は肺に影響を与えるといわれています。
肺には
・体外の邪気から身を守る気(衛気)を全身に巡らせる
・体温調節をする
などといった働きがあります。

その働きが衰えると…
すぐに風邪をひく、喉や鼻の乾燥、肩コリ、疲れが取れない、やる気がでない、などといった症状を引き起こします。

では、肺の力を補うためには?

・乾燥を防ぎましょう!

・水分補給をしましょう!

・秋の食べ物を摂りましょう!
大根、山芋、玉ねぎ、れんこん
梨、りんご、ナッツ類
など白い食べ物が良いとされています。
また、辛い物も肺を強くします!ただ、辛い物は食べ過ぎると逆効果になりますので、ご注意を!

・良く笑いましょう!
東洋医学では、悲しみが肺を弱くすると考えられています。
大いに笑って過ごしましょう!


先週末はいろんな所でお祭りが行われていましたね!まだまだ夏を感じる週末でした。
皆様、お身体に気をつけて秋をお迎えください!

Img_8489


原田

|

« サントリーサンゴリアス初戦勝利!! | トップページ | 試合遠征 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496908/71543910

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の病:

« サントリーサンゴリアス初戦勝利!! | トップページ | 試合遠征 »