« 赤ちゃんのツボ | トップページ | ラクロス競技 »

2018年10月 8日 (月)

Sports Analytics Conference

こんにちは。
本日ブログを担当します北郷です。

先月、Sports Analytics Conferenceという研究会に行ってきました。
毎年世界のどこかで開催されているみたいで、日本で開催されるのは初めてのようでした。

発表者はメジャーリーグサッカーチームのコンディショニングコーチ、スーパーラグビーのチームのコンディショニングコーチなど豪華な人達ばかりでした。
もちろん発表は英語でしたが、通訳を通して内容は少し理解できました。
日本人の発表もしっかりありました!

どんな研究会かといいますと、アナリスト(分析する人)に向けて新しいソフトの紹介、GPSを使ってチームでこう言ったデータを取っていますよという報告会のようなものでした。

何故トレーナーがそんな所に参加するのかと思うかもしれませんが、最近ではどこの国、どのスポーツもGPSを使って選手のコンディションをチェックしています。
ですのでコンディショニングコーチ、アスレティックトレーナーと言われる人たちにとって必要な知識となります。

どの様な使い方をしているのかと言いますと、練習、試合の走行距離、加速数、スピードなど様々なデータを取って、練習のボリュームを調整したり、選手の能力を測ったり、リハビリ中の選手がどの程度パフォーマンスが戻っているのかなどをチェックする際に活用しています。

今回の報告会で学んだことは、スポーツもどんどんデータ化し、そこに監督、コーチだけでなくトレーナーもしっかりと知識、技術をつけていく事が今後大事になってくるのではと感じました。

GPSは高価な物ですが、今後は個人でも買えるような安価な物が出るそうです!
興味があれば使ってみてください。

北郷健太郎

Unnamed

|

« 赤ちゃんのツボ | トップページ | ラクロス競技 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496908/74357292

この記事へのトラックバック一覧です: Sports Analytics Conference:

« 赤ちゃんのツボ | トップページ | ラクロス競技 »