« 初めての合宿地 | トップページ | 睡眠の重要性 »

2018年12月17日 (月)

中部学生トレーナー交流会

今回、ブログを担当させていただきます。田代です。

2018年も残す所、約2週間となりました。月日が過ぎるのは早いものです。
私の2018年は激動の1年でした。
ラグビーのサポートから、右も左もわからない野球の世界へ転向し、「光陰矢の如し」経験がないでは済まされないという想いで、日々自分に出来る事を模索しながらサポートさせていただいた毎日でした。
シーズンもオフを迎え、中部学生トレーナー交流会に参加させていただく機会がありましたので、ブログにて報告させていただきます。
中部学生トレーナー交流会とは中部地区の学生トレーナーが、一同に集まり情報交換を行う集まりで、今年で15回目となります。
S__106291206
交流会のテーマが「可能性」という事で、話をさせていただきましたが、この交流会のプレゼンテーション資料を作る過程と交流会を通して、私自身とても貴重な経験をさせていただいている事を、改めて強く感じました。
2018年1月13日に第55回ラグビー日本選手権でサンゴリアス優勝と2018年11月3日にSMBC日本シリーズ2018で福岡ソフトバンクホークスの日本一と1年の間に競技を超えて二つの日本一のサポートに携われるのは、なかなか出来ない経験です。
また、交流会のシンポジストの方が私が学生時代に、とてもお世話になった清水卓也Dr. 疋田大輔先輩であり、篠田先生は、ホークスの同僚トレーナーの先輩という事で、経験値の高いとても興味深い話が聞けた事は、参加者として、とても有益な時間となりました。
私自身、学生時代は学生トレーナーとして全国の学生トレーナーの集いに参加していた身です。
夢を諦めず自分の「可能性」を信じてここまで来れたという意味では、学生にも伝わるものがあったのではないかと、思っております。
今回の交流会で話をさせていただく事になったきっかけは、中京大学学生トレーナーである松永さんが2018年2月に福岡ソフトバンクホークスの宮崎キャンプに見学に来た事から始まりました。
S__106291207
※交流会シンポジストと松永さん(写真中央)また同期の親友(左)が駆けつけてくれました。
私自身可能性が、より広がるように、これからも夢を明確に、彼女の様な行動力とチャレンジ精神を忘れず、引き続き日々サポートしていきたいと思います。
田代 智史

|

« 初めての合宿地 | トップページ | 睡眠の重要性 »