« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月28日 (月)

スポーツと安全

年末年始は皆さんどのように過ごしたでしょうか?

私は、岐阜の実家に帰省しスノーボードを楽しみました。
皆さんの中にもスキーやスノーボードをする方は多いと思います。その中で、しっかりとヘルメットを着用して滑る方はどれ位いるでしょうか?恐らく着用しない方が多いのではないかと思います。
実際にスキー場では、衝突事故や頭を打っての死亡事故などが起きています。被っていれば防げたかもしれません。
海外では、スキーやスノーボードの際にヘルメット着用は当たり前という意識で、着用されている方が殆どです。ヘルメットは邪魔かもしれませんが、ゴーグルが取れにくいという良い点もあります。
スポーツを楽しむ為にも、行なう前に安全かな?という視点もぜひ持ってみて下さい!

武井 智穂

Img_4009

| | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

鼻呼吸

こんにちは。今回ブログを担当する鈴木皓太です。
私の周りでもインフルエンザが流行りだしているのですが、皆様何か対策などはされていますでしょうか?
私は朝起きた時に、喉が痛かったり鼻声になっていたりと、寝ている間に口呼吸になってしまっているため、対策として今回はこちらのグッズを購入しました!
S__72245250_2
鼻は呼吸のためにあり、口は食事のためにある。とよく言います。
鼻には異物を除去する清浄効果と、空気を温め湿度を高くする加湿効果があるなど、メリットがたくさんあります。逆に口呼吸は口臭の原因になったり、免疫力が低下したりとデメリットの方が多いため、やはり鼻呼吸をすることが大切のようです。
起きている時は鼻呼吸を意識できますが、寝ている時は意識できませんよね。
口に貼るテープはセロハンテープなどで代用してもいいようですが、肌が弱いかたは要注意です。
マスクの他にも何か予防を考えている方は、ぜひ実践してみてください!

鈴木皓太

| | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

地元・徳島

皆さま、インフルエンザが流行ってきていますが、体調はいかがでしょうか?


手洗い、うがいやマスクでの予防など気をつけることが多いですが、

細かな気配りが予防につながりますよ!


タイトルにしましたが、私の故郷は徳島です。

先日、お休みを頂き帰省してきました。


自然豊かで、のどかないいところです。

Aed9fd00e47a46a9a4f99a1f571a783b


冒頭にインフルエンザ予防のお話をしましたが、

リフレッシュをして気持ちのストレスを減らすことも

免疫を高めるのに有効だという話もあります。


新年が始まり、気持ちを引き締めないといけない時期ではありますが、

いつも力を入れてばっかりではなく、

たまにゆっくりと休憩して自分の体を労ってあげましょう!

大江志保

| | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

風邪予防に。

 
今回ブログを担当します、中田です。
 
2019年が始まり、厳しい寒さの日が続いていますね。
今回はタイトルにもある通り、風邪予防に関する商品のご紹介です。
 
私も通勤や、就寝時など
日常的にマスクを使用する機会が多くあります。
マスクを長時間使用する際の、悩みとして
『耳が痛くなる』という経験がある方も多いのではないでしょうか?
 
その悩みを解決してくれるマスクがあります。
 
『PITTA MASK』というマスクをご存知でしょうか?
 
Pitta_mask_2
 
このマスクの特長は
■新ポリウレタン素材を使用
・花粉を99%カット
・通気性が高く息がしやすい、眼鏡が曇りにくい
・柔らかい素材で、耳が痛くならない
・洗って繰り返し使用できる
・花粉だけでなくUVもカット
また、このマスクは9色のカラーバリエーションが展開されています。
 
私もネット通販で購入し、使用しています。
就寝時などの長時間の使用時には、特にストレスを感じる事なく使用することが出来ます。
 
手軽に手に入れることが出来ますので、風邪予防
春に向けた花粉症対策として、一度使用してみてはいかかでしょうか?
 
寒い日が続きますが、体調には
十分気を付けてお過ごしください。
 
中田敬大

| | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
昨年は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

今年もスタッフと一緒に真摯にスポーツの現場に取り組んでいきたいと思います。
本年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

Newyear2019

リニアート   増田 雄一

| | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »