« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月27日 (月)

新入社員の橋本 麻美です。

皆様、はじめまして。
今年度リニアートへ入社致しました、橋本 麻美(はしもと まみ)です。
この場をお借りして、ご挨拶させていただきます。

 
私自身は、3年間JX-ENEOSサンフラワーズという女子バスケットボールチームで活動していました。
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、昨シーズンでリーグ11連覇を達成した素晴らしいチームです。

そんなチームでいろいろな経験をさせてもらった中で、改めてアスリートの方や、普段趣味で運動をされる方、お仕事を頑張っている方々は様々な悩みを抱えているんだ、と感じました。

その悩みはアスリートも会社員の方も子供さんも根本は同じだと思います。
今年度からは、治療院やその他の現場でトレーナーとして、皆様のお悩みを解決する手助けができるようこれから頑張ってまいります。

Img_0778-1
写真は以前行った、フクロウカフェでの写真です。
フクロウは270°頭が回り、左右の耳はいろんな所から音をキャッチできるように、上下にずれているそうです。
そんな風に常にどんな場所でもいろいろな方向にアンテナを張っておきたいと思います。


橋本 麻美

|

2019年5月20日 (月)

新入社員の榎本芽衣です。

皆様、はじめまして。
今年度リニアートへ入社致しました、榎本芽衣(えのもと めい)と申します。
この場を借りて、簡単ではございますがご挨拶させていただきます。

私は生まれも育ちも、神奈川県藤沢市、湘南の海と共に過ごしてきました。
大学は帝京平成大学を卒業し、その後筑波大学大学院に進学致しました。

スポーツは小学生の頃からバスケットボールをしておりました。
小さいころからケガがとても多く、トレーナーさんや鍼灸師さんにお世話になることがとても多かったです。
そして、高校生の頃に恩師と呼べるトレーナーさんに出会えたことが、私がトレーナーを目指すきっかけでした。

Img_9126  
写真は私が小学生の頃にいたチームの団幕です。
「乾坤一擲」
”運命をかけた大勝負でも、最後は運を天に任せられるぐらいの覚悟をもって闘う。”
そんな意味をもつこの言葉は、私が小学生の頃から大切にしている言葉です。
これからも初心を忘れず、日々レベルアップできるよう努めてまいります。
皆様、今後とも宜しくお願い致します。

榎本 芽衣

|

2019年5月13日 (月)

新入社員の羽根田鮎生です。

皆さま、はじめまして。

今年度リニアートへ入社致しました羽根田鮎生(ハネダアユキ)です。

この場をお借りして、簡単ではございますがご挨拶させていただきます。

 

スポーツはサッカーをしておりました。
利き足が左足であったため、左サイドでプレーすることが多かったです。しかし、成長期には膝の痛みに耐えることができず、全ての練習メニューに参加できないこともあり、レギュラーやトップチームに入れないという悔しい経験を何度もしてきました。

 大学進学時は、沢山の人を治すことのできる鍼灸師になることを志しておりました。しかし、大学3年時に研修で伺ったチームのロッカルームで試合前の緊張感が漂う中、トレーナーさんが仕事をしている現場を見学させて頂きとても衝撃を受けました。同時に試合前の緊張感の中、チームのサポートが出来る現場に憧れとやりがいを感じ、沢山の人を治せる鍼灸師とトレーナーの両方を目指す決心を致しました。

まだまだ未熟者ではございますが、日々の精進を重ね、選手・患者様のお力になれるよう努力してまいります。

皆様今後とも宜しくお願い致します。

 Photo

写真は2016年に横浜国際総合競技場で行われた、クラブワールドカップ決勝のチケットです。世界のサッカーのクラブチームNo.1を決める大会が日本であり、日本の鹿島アントラーズ対スペインのレアルマドリードの試合を観戦した時のものです。グランドから遠い席ではありましたが、5万人以上の観客が詰め掛ける中、点の取り合いになった試合であったため、今でも鮮明に覚えている印象的な試合でした。同時に、いつか横浜国際総合競技場へトレーナーとして、仕事として行きたいと感じた瞬間でもありました。

羽根田 鮎生

|

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »