« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月29日 (月)

英語に触れる

本日のブログは鈴木辰哉が担当致します。
ついに東京オリンピック開幕まで1年を切りました!
国立競技場も建設作業が着々と進んでいるようで完成が待ち遠しいですね!!

さて、今回のブログのタイトルは「英語に触れる」です。
チームや選手のサポート活動では、海外での合宿や遠征に行く機会もあるので、英語でのコミュニケーションは避けては通れません。
今年も遠征先のホテルのレセプションでタオルをもらう際に、”towel(タオル)”の発音に非常に悩まされました。どれだけ頑張って英語風に聞こえるように発音しても首を傾げられるばかりなのです。
それもそのはず、”towel”の発音記号は【tάʊ(ə)l 】でカタカナにすると「タウェル」や「タウゥ」と発音するようです。自分の部屋で何回も発音の練習をしてからレセプションに向かったことを思い出します。
Img_37522
そんな苦いエピソードもあり、今年は...今年こそは英語を学ぼうと思い「世界一わかりやすい英文法の授業」という本を購入してみました。
まだ読み進めている途中ではありますが、文法の成り立ち(なぜそうなるのか?)についてわかりやすく、楽しく理解できるように書かれています。
初めから堅苦しい参考書やテキストに挑戦するより、先ずは空き時間に英語に触れるところからコツコツと始めてみようと思います。

1年後、オリンピックで日本に来た外国の方と簡単なコミュニケーションや手助けが出来るレベルまで成長できるよう頑張ります!

鈴木辰哉

|

2019年7月22日 (月)

ラグビーワールドカップに向けて

こんにちは。今回のブログを担当致します櫛田です。

梅雨が続き、晴れ間が貴重な時間となっているこの頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私のサポートチームでは、5週続けて試合日が雨となっています。
会場にお越しいただく皆様には大変厳しい天候となっていますが、
今シーズンの雨の日の試合は勝率100%!
結果は快晴となっております!

さて、私のサポートしているラグビー界ではこの夏にワールドカップという一大イベントが控えています。
身体が直接ぶつかり合うラグビーでは危険が伴う事は勿論ですが、
ワールドカップでは観客の動員数も非常に多く、会場全体を考えた安全対策が必要になります。

会場には万が一の場合に備えて担架が用意されていますが、
数には限りがあり、一度に多くの傷病者が出た場合の対応は困難が予想されます。

そういった場合にとても活躍するであろう物を以前に行った合宿地で見かけました。

Img_1205   

スタジアムの中に置かれていたこちらのベンチですが、
一見単なるベンチに見えます。
ですが、ひっくり返してみると、、、

Img_1204

脚の部分が取れる構造になっており、
付属のベルトで身体も固定できる担架になります。

専用の担架と比べると実用性は低いですが、
緊急時にはとても有用なものだと感じました。

また、こういった備品も含めて会場の詳細を把握しておくことの重要性をとても感じました。


さて、トップリーグカップ2019も佳境を迎え、来月にはプレーオフも始まります。
各チームに熱いご声援を宜しくお願い致します!



櫛田慎一

|

2019年7月15日 (月)

国際交流

こんにちは、今回ブログを担当致します原田です。

記録的な日照不足でスッキリしない天気が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
スッキリ晴れた天気が恋しいものです…

さて、先日、成城学園高等部ラグビー部のサポートに行ってまいりました。
その日は、イギリスの高校を招いての親善試合が行われました!

なかなか対戦することのできない外国のチームに、成城学園の生徒達も熱くなっておりました!!
結果は敗戦となりましたが、生徒達も普段できない経験ができたのではないかと思います。

ワールドカップ開幕まであと70日を切り、ますます日本がラグビーで盛り上がってきますね!
テレビでも放送が予定されているようですので、この夏はラグビーで熱くなってみてはいかがでしょうか?

1993f787262e42008a014c6db9ada4f2

原田聖也


|

2019年7月 8日 (月)

HALEO S&C SUMMIT

こんにちは。
最近は雨男になりつつある北郷です。

先日、HALEO S&C SUMMITというS&Cコーチ向けに開催された勉強会、交流会に参加してきました。
内容はS&Cがメインでしたが、豪華メンターの中にはトレーナとして活躍されている方、研究者の方もいて幅広い分野のお話を聞くことが出来ました。
最近よく「ゴットハンド」の名でメディアでもお見かけする、2015年ラグビーワールドカップに治療のスペシャリストとして帯同した佐藤義人さんのお話もありました。
どういったことを意識して体を評価しているのか、何がどうなっているとこういう事が起こりやすいなど貴重なお話を聞くことが出来ました。
中でも一番驚いたのは「前十字靭帯損傷は手術しなくても修復することが可能である。」実際に佐藤さんの所にはオペをせずに治したいという選手が来るそうで、そういった事例があったそうです。そしてさらに驚いたのが佐藤さん自身現役のビーチサッカー選手であり、昨年に自分の前十字靭帯、内側側副靭帯、半月板を損傷し、たった4ヶ月でオペもせずに復帰してプレーをしているそうです。
これにはとても驚きました。
他にもS&Cコーチの方から怪我が起きないようにどのように練習をマネジメントしているのかなど貴重なお話を聞くことが出来ました。

会場には多くのバックグランドを持つ方たちがいて、情報交換もできとても有意義な時間を過ごす事が出来ました。


話は変わりますが、ラグビートップリーグカップが始まっています。
われらがサントリーサンゴリアスは順調に勝ち進んでいます!
ラグビーのドラマも始まっているみたいでワールドカップに向けてさらに盛り上がりそうですね!

北郷健太郎
Dsc_0373

|

2019年7月 1日 (月)

春日部東高校帯同報告

こんにちは。

梅雨のじめじめとした空気がそろそろ嫌になってまいりました上郡です。



皆様、陸上の日本選手権はご覧になられましたでしょうか?

注目の男子男距離は、サニブラウン選手が2冠を達成しましたね!

その他の競技も随時ネットで結果を見ており、興奮冷めやらぬ4日間となりました。

世界選手権も、日本人選手の活躍が楽しみでなりません!


 

さてブログの題にもしましたが、今年は春日部東高校陸上部のサポートを北関東大会までさせて頂きました。

去年は1名の出場でしたが、今年は3名の出場が叶いました!

女子100mH、女子七種競技、3000m障害の選手をサポートして参りました。

結果は、100mHの選手が見事に沖縄で行われるインターハイ出場を決めてくれました!


高校として2年ぶりのインターハイ出場になります。


私はインターハイには帯同はしませんが、さらに強くなった選手を見ることができるように、私も7月のサポートも頑張ってまいります!

 

 

Photo_20190701171501


これから暑くなってくるかと思いますが、くれぐれも熱中症にはお気をつけください。



上郡美紀

 

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »